ҤȤޤİŹ

和装

日本の美を追求した和装は荘厳な雰囲気を醸し出します。
その煌びやかな装いは、素敵な思い出として永遠に胸に刻み込まれることでしょう。
  • 白無垢
    室町時代には婚礼の方式等が決まり、江戸時代後期には、色打掛、白小袖の制が行われました。これが「白無垢」と言われるものです。当店では織り、刺繍、ラメ入り、裏紅等、多数のご用意がございます。

    白無垢一覧へ >

  • 紋服・甲冑
    男子の第一礼服は黒五つ紋服着物と羽織、仙台平の袴の組み合わせです。花婿や仲人、その他公式の席に列席する場合にも格調固い装いです。

    紋服・甲冑一覧へ >

  • 3a01fbc4756a852f31f3d173d5a0fa88色打掛
    室町時代以後、武家の婦人が夏以外に用いた礼服で、丈は表着(うわぎ)より1尺(約30cm)ほど長く、羽織のように打ち掛けて着たため「打掛」と言いました。古典柄から新柄まで数多く取り揃えております。

    色打掛一覧へ >

  • 84b2a05251b52d51e9642dddc657f54cおぼろしぼり色打掛
    染色と絞りとの相乗効果で、新しい感性を表現することに成功した、とまつ衣裳店だけのオリジナル色打掛です。

    おぼろしぼり色打掛一覧へ >

  • 20140801DSE_0545御祓乃衣
    御祓乃衣は、その目出度いご衣裳を新潟県総鎮護「護国神社」の御前に奉じ、
    お召しになる花嫁様と花婿様の未来の幸せを祈り上げたご衣裳です。

    御祓乃衣一覧へ >

  • 2引振袖
    江戸時代後期に生まれた黒紋付の花嫁衣裳は、昭和に入ってからはそれまでの裾模様だけのものから大柄な総模様の豪華なものになり、最も一般的な花嫁衣裳として用いられてきました。カツラ洋髪どちらにも合わせやすい引振袖は人気の一着です。
  • 箱迫セット箱迫セット
    花嫁衣装に欠かせない花嫁五点セットとは、箱迫(はこせこ)、丸絎帯締、懐剣、末廣(房付き扇子)、抱え帯の5つの衣裳小物のことです。花嫁としての格を表現するためには欠かせないもので、現代では打掛・白無垢・引振袖などの花嫁衣装にのみ使用します。

    箱迫セットへ >

  • 小千谷縮を使用した色打掛
    小千谷縮の生地を朱鷺色に染めて桜の花を無数に描き、それを京都に送り、桜の花の一部に金彩加工を施し、さらには顔料絵具で朱鷺を描きました。

    小千谷縮を使用した色打掛へ >