ҤȤޤİŹ

色打掛

室町時代以後、武家の婦人が夏以外に用いた礼服で、
丈は表着(うわぎ)より1尺(約30cm)ほど長く、
羽織のように打ち掛けて着たため「打掛」と言いました。
古典柄から新柄まで数多く取り揃えております。